まじめに資産100億円、年収1億円を目指すblog

タイトルの通り、資産100億円、年収1億円を目指します。今現在はスッテンテン。絶賛債務超過中。

投資は序盤の元本確保&投入が大事

投資の世界では長期・積立・分散が一般ピーポーの資産形成のキモだということはよく知られていますが、その中で序盤戦の重要性についてはあまり語られていません。

どういうことかというと、例えば30年なら30年という資産形成の戦い方の中で、どのように資産の積立を配分していったら良いかということです。

通常の発想でいくと、月5万なら5万、10万なら10万でずーっと積み上げたらどうなるの?という計算しかしませんが、投資元本の総額は同じだとしても、それに傾斜をつけたらどうなるのか、ということをマニアックに計算してみました。

40才の人が70才までの30年間、毎月10万円を投資するとしてどうなるか?です。意外と衝撃的な結果でした。前提は、

①最初の10年は5万/月、次の10年を10万/月、最後の10年を15万/月

②ずっと10万/月

③最初の10年に15万/月、次の10年を10万/月、最後の10年を5万/月

全部投資総額は同じで、3600万円が元本です。

 

結論から言うと、70才時点での資産は利回り5%の場合、

①:7790万円

②:9370万円

③:10950万円

となりました。序盤に頑張って15万/月を積み立てた場合は、年功式に頑張った場合と比べてなんと3160万円も多かった!繰り返しますが、元本は一緒です。なのに結果は3000万以上の結果が!

 

さらに、年10%ぐらいなら一般ピーポーでもそこまでのリスクなく投資できる今の時代に、若い頃に頑張るとどうなるかを計算してみました。

①:18760万円

②:23590万円

③:33110万円

なんと、同じ元本3600万円に対して、③と①の差が14350万円。1.4億ですよ!1.4億!

 

長期積立投資の世界では利回りが大事だと言われますが、それ以上に投資序盤の元本のひねり出しが大事だということが証明されました。これは家族持ちにとっては朗報で、ちょうど子供が小さく貯めどきと言われているため、この③の戦略は採るに値するものかもしれません。

なお、上記のMVPとドベを比べると、なんと2.5億円の差ができました。繰り返しますが、投資元本は同じ3600万円。投資期間も同じ30年。違いは、

1、利回りが5%異なる

2、最初に15万円頑張って投資して、あとで緩める

の2点だけです。老後が近づいてから頑張ってもダメってことですね。

 

月15万円・・・どうやって捻出しようか。というかその前に、20代からやっておけばよかった・・・。さらにその前に、借入返さないと。。。